自転車の種類

「スポーツ自転車」の種類って? まずは基本3種(ロードバイク、MTB、クロスバイク)から

スポーツ自転車の種類

一口に「スポーツ自転車」といいますが、実は種類はさまざま

用途によって、遊び方・楽しみ方によって、好みによって、選ぶ1台は変わります。

どんな種類があるのか? 網羅はできませんが、ザックリとだけでもご紹介。

まずは基本の3種類から。

まずは基本の3種類

スポーツ自転車基本の3種類は

  1. ロードバイク
  2. マウンテンバイク(MTB)
  3. クロスバイク
メカタ
メカタ
スポーツ自転車に乗ろう! と思った場合、この3種類から選ぶことが多いですので、まずは基本として

それぞれ得手不得手も違いますので、「どれでもいい」ってわけじゃありません。

何に使いたいの?
どんなふうに遊びたいの?

なんてことを考えつつ選んでください。

1.ロードバイク

ロードバイク MBK

ロードバイクとは? 高速移動や、長距離移動を目的とした、舗装路用の自転車。クルマでいうと「スポーツカー」です。

特徴は「ドロップハンドル」と呼ばれる曲がったハンドル。スピード重視ですのでタイヤは細め、車体も軽量に設計されています。

精密につくられたレーシングマシーンですので、基本は高価。維持費も比較的高めです。

高速走行、長距離走行には適していますが、街乗りや日常使いにはあまり適していない側面もあります。

こんな方にオススメ
  • レースに出たい
  • 長距離走りたい
  • とにかく軽快に、速く走りたい
  • 「走る」第一、他はあまり気にしない
  • スポーツとしての自転車を本格的にやりたい
  • 坂を登りたい、峠を攻めたい
  • ロードバイクに憧れている
メカタ
メカタ
「走る」ための自転車として考えるなら、やっぱりロードバイク。といいつつも、「ロードバイクに乗ってみたい」なら、それが一番大事です

-スポンサーリンク-


2.マウンテンバイク(MTB)

マウンテンバイク(MTB)とは? 山道や荒れ地、砂利道などの未舗装路を走るために作られた自転車。クルマでいうと「オフロードカー」です。

特徴はゴツゴツした太いタイヤと、路面からの衝撃や振動を吸収して車体を安定させる「サスペンション」などなど、荒れ地を安定して走るための工夫が随所にほどこされています。マシン性能が走りの腕を助けてくれますので、本格的に山道を走るなら、高性能な車体をオススメします。

衝撃に強く、ブレーキ性能も良いなど、道の形状にかかわらず走れますので街乗りにも向いています

「未舗装路を走る」といっても、走り方や走る道はさまざま。高性能なMTBは用途に合わせて「ダウンヒル」「クロスカントリー」「エンデューロ」「トレイルライド」などの区別もあり、選ぶべき機能や性能も変わります。

「本格的に荒れ地を走るのか」「街乗りメインか」でオススメも変わってきます。まずはどう使うか? を決めてから、車体を選んでください。

こんな方にオススメ
  • 未舗装路を走りたい
  • 道の状態に左右されず走りたい
  • 自転車に乗るのに気を使いたくない
  • できるだけパンクしたくない
  • 丈夫な自転車が欲しい
メカタ
メカタ
段差など気にせず乗っても大丈夫なので、街乗りMTBは楽しいですよ

-スポンサーリンク-


3.クロスバイク

ロードバイクと、MTBの中間、いい部分を集めて街乗りに適合したのが「クロスバイク」。クルマでいうと「ファミリーカー」に当たるでしょうか?

いい部分を集めた… とはいっても、「高速走行もできるし、悪路も走れる」のではなく、「それなりに舗装路も快適に走れるけれど、段差などにもそんなに弱くない」ということ。基本は街乗り特化型と考えてくだされば。

しかし、2つの中間という性質のものですから、比較的MTB寄りのものもあれば、ロード寄りのものもありますし、タイヤも太かったり、細かったり。

いろんな種類を「クロスバイク」の一言に含めているので、実際の内容は相当バリエーションがあります。

お値段も比較的控えめですので、「スポーツ自転車に乗りたい」なら、そして使用目的が通勤・通学や、街乗りなら、クロスバイクがぴったりじゃないでしょうか。

初心者さんはまずクロスバイクに乗ってみる。すると「好き」「嫌い」や、楽しみ方の傾向が見えてくる。その後、目的に合わせた2台目を考える… という流れを経ると、理想の愛車に出会える可能性も高くなります。

買い替えた後は? というと、1台目のクロスバイクは「日常の足」、2台目の愛車は「趣味の1台」と乗り分ける方も多いです。

決して無駄にはならない、スタートに最適の1台です。

こんな方にオススメ
  • 気軽にスポーツ自転車を楽しみたい
  • 街乗りメイン
  • 通勤・通学に使いたい
  • スタート費用を抑えたい
  • スポーツ自転車初心者さん
  • エクササイズや週末の趣味ライドがメイン
メカタ
メカタ
カゴやフェンダー(泥除け)、スタンドなど、街乗り対応のカスタムが楽にできる傾向もあります。車体価格を抑え目にしておいて、快適にするカスタムに費用を振り分けるのもいいかもしれません。
ABOUT ME
アバター
メカタ
スポーツ自転車をはじめたい人、はじめた人への情報をお届けします